水の都、ヴェネツィア

SPONSORED LINK

イタリアの旅行先で良かったと思うところは、北東部に位置するヴェネツィアが良かった印象があります。
ヴェネツィアは水の都とよばれており、潟(ラグーナ)の上に築かれた都市であり、世界遺産の観光都市となっています。

水上バスでヴェネツィアへ向かう時の海の色がエメラルドグリーンでキラキラしていたのと、
レンガ調の色彩や、空の色などの全体的な景色が日本では見たことがないかんじでとても美しかったです。
車の乗り入れがないため、街中は歩くか、舟かといったところになり、
昔からあるような暮らしぶりや生活のある風景を感じとることができます。
水夫さんも、日本で見るような船頭さんとは違い、イタリアならではといったかんじがしました。
サンマルコ広場は鳩がかなり多かったですが、その周辺に立ち並ぶお店の中に世界最古のカフェがあり、
そこでカプチーノを飲みました。

007シリーズの映画作品の中にヴェネツィアが舞台のシーンがあったりするので、
変わらずの風景がそこにあったりするのも感慨深かったりします。
細い路地や水路、さまざまな橋など、街の様子と、
ヴェネツィアから離れる時の海からの景色も独特で趣きがあったりするのでおすすめです。
かなり観光地化はされているため、
観光客も多かったり、ゴンドラの乗船料金もなかなかの観光価格となっているかんじではありますが、
そういったところ以外ではアドリア海の美しさがそこにあり、
イタリアらしいといった都市というところでは良い思い出として記憶に残りました。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!私のイタリア旅行記の関連記事
  • category
    私のイタリア旅行記

    私はイタリアに旅行する前からとてもイタリアが好きなので、ずっと行ってみたいと思ってかなり強い思い入れがありました。それほど強かったので実際に行ってみるとがっかりするのではないかという気も少しはしていたのですが、それは全くありませんでした。

  • category
    私のイタリア旅行記

    イタリアといえば、気候がよく温暖、観光名所(世界遺産)がたくさんある、食べ物がうまい(特にピザ、パスタ)といった、考えただけでも心がウキウキしてくる国だと思います。

  • category
    私のイタリア旅行記

    私がイタリアで一番好きな都市は「フィレンツェ」です。かつてメディチ家が統治し、ルネサンスの中心的な都市として栄えたフィレンツェは、まさに古き良き芸術の都として、現在でも街の至る所からルネサンス文化と歴史を感じることができます。

  • category
    私のイタリア旅行記

    イタリアといえばまずはローマです。でも私のイタリアの旅はトスカーナからスタートしました。フィレツエから入りシエナとアッシジに滞在しました。 シエナとアッシジは、友達からもらった写真集でその町並みを見てからずっと行きたかった町でした。