ヴェネツィアと大聖堂

SPONSORED LINK

イタリアの都市の中でも水の都として非常に有名な都市ヴェネツィア
実はヴェネツィアはほとんど都市全体がイタリアの世界遺産の1つとして登録されています。
ヴェネツィアについては聖堂などの大きな建築物と橋や運河、島などについての2回に分けてご紹介します。

今回は聖堂など大きな建築物についてのご紹介です。
サン・マルコ広場、サン・マルコ大聖堂、ドゥカーレ宮殿についてご紹介します。
サン・マルコという単語が多いのはヴェネツィアの守護聖人であるマルコに由来しています。

まずご紹介するのはヴェネツィアの中心的広場であるサン・マルコ広場です。
今回ご紹介する建造物全てと隣接する観光の中心です。
サン・マルコ大聖堂を正面に見ると、回廊に左右を挟まれていて、
大聖堂に寄り添うように鐘楼が建っている壮大な光景を見ることができます。

次はサン・マルコ大聖堂をご紹介します。
ヴェネツィア随一の聖堂であり、非常に豪奢な作りとなっています。
外観では正面の数個のアーチや多数の尖塔に囲まれたドームが見る人の目を引きます。
内部には地中海の交易によって得た富を惜しみなく使い、黄金に煌く天井や壁、
2000個もの宝石を埋め込んだ黄金の衝立などがあり、ヴェネツィアの繁栄がどれほどのものだったかを窺い知ることができます。

最後にご紹介するのはドゥカーレ宮殿です。
ヴェネツィア共和国時代に総督公館として使用されていた、
サン・マルコ大聖堂に隣接した多数のアーチと白い柱とピンクのタイルが特徴的な宮殿です。
内部は歴代のヴェネツィア総督の肖像画を含めた多数の絵画が飾られていて、特に大評議室にある、
『天国』、『ヴェネツィア礼賛』は有名です。

このように主な観光名所のほとんどがサン・マルコ広場周辺に存在し、非常に観光が容易となっています。
次回は橋や運河、島を含めたヴェネツィアの文化をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!イタリアの世界遺産・文化遺産編の関連記事