小高い丘の塔の街

SPONSORED LINK

今回ご紹介するイタリアの世界遺産はサン・ジミニャーノにあるサン・ジミニャーノ歴史地区です。
フィレンツェやシエーナと同じく現在でも中世の町並みを残す街です。

サン・ジミニャーノは流通の主要拠点として繁栄し、城壁に取り囲まれ、防衛のために塔がいくつも建設されていました。
街をそのものが裕福であったため芸術家が多く住んでいました。
また13世紀に入ると、貴族の権力の象徴としての塔建設が次々と行われ、現在でも言われる塔の街の原型が作られ始めました。
貴族は教皇派と皇帝派に分かれ、より高く、より美しい塔を建てることを貴族同士で競い合いました。
塔は50mを超える高さを持つ塔を含めて72も建設されました。
しかし、現在ではほとんどの塔が解体され、14に減ってしまいました。
塔は減ってしまいましたが、街並みなどの保全状態は非常に良く、1990年に街並み、
城壁を含めた地区として世界遺産に登録されました。
地区内には12世紀から14世紀に建設された建造物が林立していて、当時の様子を誰でも見ることができます。

現在残っている最も高い建物は54mで、市立美術館に建っています。
現在は美術館になっており、ゴシックやフィレンツェ時代の絵画を多数収めています。
また、中世に建造された5つの門が現在も残っていて、サン・ジョバンニ門は現在も防衛施設が残っています。

観光においては、シエナ、フィレンツェとバスで1時間の距離にあり、
イタリアの3つの歴史地区を1日は難しいですが、1度の旅行で見比べることができるという素晴らしい位置に存在しています。
中世の街並みという点は3都市で共通していますが、街並みは異なっています。
相違点を探しながら、中世の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!イタリアの世界遺産・歴史地区編の関連記事